トップ > 父の日販促特集 > 

父の日黄色いバラ(造花)

父の日販促特集トップへ 父の日黄色いバラ(造花)

黄色いバラ造花|ラップ巻きカーネーション・かすみ草

父の日POP・販促品|テーマポスター・棚帯 のぼり・ビニール幕など

ラッピング・小物|包装紙・メッセージカード・シール他

置き物(敷物)・吊り物|ポット・ガーランド・サテン・プリーツハンガー他

バルーン|ハート型風船他

父の日黄色いバラ ラインナップ
ラップ巻き【あり】 ラップ巻き【なし】
40cm 28cm 14cm 40cm 32cm 20cm 9cm

父の日黄色いバラ 商品一覧

父の日といえば「黄色いバラ」です。黄色いバラの造花は、父の日のノベルティとして最適です。

表示方法 サムネイル表示【6列】 サムネイル表示【2列】 リスト表示
対象商品 在庫あり・注文可のみ 販売終了を含む全て

父の日バラ(造花)展開イメージ例

父の日造花展開イメージ例 父の日造花展開イメージ例

父の日の豆知識

父の日は何故「バラ」を送るの?

父の日は「バラ」を送るのが一般的ですが、その由来はアメリカにあります。
「母の日」がアメリカで一般的になると同時に、父親に感謝する日も必要だと考えたのが、アメリカのジョン・ブルース・ドット婦人です。
彼女が幼いころ、南北戦争が勃発、父ウィリアムは召集され、彼女を含む6人の子供は母に育てられますが、ウィリアムの復員後、母が過労で亡くなってしまいます。
以来、ウィリアムは再婚することもなく、子供6人を男手一つで育て、ドット婦人を含む6人の子供は無事成人しますが、その後まもなくウィリアムも亡くなってしまいます。
妻に先立たれながらも一生懸命育ててくれた父親に、とても感謝していたドット婦人は、母の日と同様に「父親に敬意を表する日」を作るべきと訴えます。
その活動が大統領に知れ渡り、1916年ごろから「父の日」が認知されるようになります。
父の日は「バラ」ですが、彼女の父が好きだった「白いバラ」を父の墓に供えたからと言われております。
父親が好きなもの、喜ぶものをプレゼントをするのはもちろんのこと、その由来にちなんで、お父さんが喜ぶものにバラを添えて渡すのがオススメです。

ラッピング用の包装紙やリボンシール、メッセージカードは、父の日「ラッピング・小物」をご覧ください。

父の日販促特集トップへ 父の日 黄色いバラ(造花) 父の日 POP・販促品|ポスター類・棚帯・タペストリー・のぼり・ビニール幕他 父の日 ラッピング(シール・リボン)|包装紙・巾着袋・メッセージカード他 父の日 置き物・吊り物 父の日 バルーン(ハート型風船)|ビニール風船・アルミ蒸着風船他

関連特集

新規会員登録へ