トップ  >  タイトルポップ  >  年間POP  > 

お酒・お酒コーナー

お酒コーナー 酒税法により、「未成年者の飲酒防止に関する表示基準」が 設けられており、特に次の事項を明確に表示しなければなりません。●未成年者販売禁止の表示●未成年者飲酒禁止の表示●20歳以上の年齢確認の表示●お酒売場の明確な表示
絞り込み
表示方法 サムネイル表示【6列】 サムネイル表示【2列】 リスト表示
対象商品 在庫あり・注文可のみ 販売終了を含む全て

お酒コーナー関連品

売場で「お酒コーナー」を表示する場合の注意点

酒類と、他の商品の陳列場所 が明確に分離されている場合は、酒類売場入口付近など見やすい場所に 展開します。 エンド展開、棚の一部の場合は、購入者が酒類をはっきりと認識できるよう区分を明確にします。 床に箱または、ケースで積み上げている場合は、展開場所により、天井・商品付近 スタンド等で区分を明確にして下さい。

「ワインコーナー」などと表示する場合の注意点

「お酒コーナー」表示がきちんとされていれば、「清酒コーナー」、「ワインコーナー」等の
案内表示を追加しても差しつかえありません。

酒類を商品見本とする場合の注意点

酒類を商品見本として、またディスプレイとして陳列する場合は、「見本」等の
表示をすれば「酒類の陳列場所における表示」をしなくても差しつかえありません。

関連特集

毎年6月の第3日曜日は父の日です。 父の日は酒類販売の大きなチャンスです。
お父さんの嗜好や予算に合わせて、ワイン、日本酒、焼酎、ビール、発泡酒、新ジャンルなど、多様な選択肢から選べるよう売場を大きく確保し、コンパクトになりがちな父の日イベントを盛り上げましょう。

新規会員登録へ