トップ  >  うなぎ(鰻)土用の丑の日販促特集
うなぎ(鰻)土用の丑の日販促特集

2020年 夏の土用の丑の日は 7月21日(火)

POPツール・ポスター・のぼりなど

エアPOP・食品サンプル・吊りもの

うちわ・提灯・Tシャツ

丑の日のうなぎの販促には、うなぎの吊りPOPやうちわ、ちょうちんを使ってスタミナ溢れるうなぎのイメージに合う売場展開をしましょう!必要なPOPがセットになった「うなぎコーナーキット」もおすすめです!

土用丑の日「うなぎ」装飾品 人気ランキング

人気ランキング1位から5位

日本では土用の丑の日に、暑い時期を乗り切る栄養をつけるために鰻を食べる習慣があります。 鰻にはビタミンA・B群が豊富に含まれているため、夏バテ、食欲減退防止の効果が期待できます。
 鰻を食べる習慣についての由来には諸説ありますが、夏バテ防止のためにウナギを食べるという習慣が定着したのは、江戸時代中後期になってから。売り上げ不振に悩んだうなぎ屋から、相談を受けた平賀源内が「今日は土用の丑の日」と書いた張り紙を出して、うなぎの販促をし繁盛したそうです。 丑(うし)の日に「う」の付く物(うどん・うり・梅干など)食べると体に良いとの言い伝えがあり、「うなぎ」が合致したと考えられます。

うなぎの代替商品の提案販売には「夏のスタミナ」タイトルPOP

POPツール・ポスター・のぼりなど POPツール・ポスター・のぼりなど エアPOP・食品サンプル・吊りもの

関連特集

夏の主な催事

夏の装飾販促特集お中元・GIFT販促特集半夏生販促特集七夕販促特集うなぎ(土用丑の日)販促特集夏祭り販促特集お盆販促特集
新規会員登録へ