トップ  >   節分演出・恵方巻販促品特集
節分・恵方巻き販促特集

2月3日(土)は節分の日。2018年(平成30年)の恵方は南南東です。店舗では節分のいわれが載っているポスターや 「恵方巻エアーPOP」が定番。
差し替え円柱POP用の恵方巻用台紙の
無料ダウンロードページもご用意しています。

節分・鬼販促品を見る

恵方巻き販促品を見る

節分・恵方巻きノベルティを見る

【恵方巻】販促品・販促物 人気ランキング

人気ランキング1位から5位

【節分】販促品・販促物 人気ランキング

人気ランキング1位から5位

節分・恵方巻の装飾品展開例(写真をクリックすると各商品詳細ページをご覧いただけます)

完売

完売

エアーPOP「恵方巻」 恵方巻POP(紙製) 節分・鬼面(特大) 恵方フロアステッカー モチーフカーテン(恵方巻) エアーPOP「抱きつき鬼っ子」
節分の豆知識
節分とは

 「節分のいわれポスター」の商品写真

「季節」の「節目」から節分といいます。昔は年4回ありましたが、現在は冬と春の節目である2月3日(立春の前日)のみを指しています。(暦によって異なる場合があります。)節分の日は、豆まきをしたり、恵方巻や節分いわし、節分そばを食べる習慣があります。

恵方巻きとは

 「恵方巻エアーPOP」の商品写真

節分の日にその年の恵方を向いて恵方巻(太巻き)を切らずに1本丸かぶりします。食べている間に一言も言葉を発しないと、その年は幸運が訪れると言われています。主に関西地方の風習でしたが現在では全国的に広まっています。2月3日はのり巻きの日でもあります。

節分いわしとは

 「節分いわしのいわれポスター」の商品写真

「柊の葉で鬼の目を刺し、いわしの臭いで近づけない」ということから、柊の枝にいわしの頭を刺して戸口に挿す風習があります。また、焼いた時に出る激しい煙と臭いで鬼が逃げ出すことから、節分の日にいわしを食べて邪気を払うと言われています。

節分・恵方巻き販促特集
節分の販促品を見る恵方巻きの販促品を見る節分・恵方巻きの販促ノベルティを見る

冬の主な催事

冬の飾り・装飾品特集クリスマス販促特集お正月販促品特集節分演出・恵方巻販促品特集バレンタイン販促特集ひなまつり販促特集ホワイトデー販促特集
新規会員登録へ